「有期限と循環」というテーマを軸に
工芸とプレハブ建築を考えてみる Studies of prefabricated architecture
and crafts from the perspective of ‘impermanence and renewal.’

Member

荒木 信雄建築家

Nobuo ArakiArchitect

Concept

有期限と循環を軸に、工芸とプレハブ建築との再接続を試みる。
これは工芸・プレハブ建築への眼差しの変化と、日常への多角的な進出を目的とする。
「工芸×プレハブ建築」という組合せが、今後の建築のレンジを広げる契機となればと思っている。
そしてそれは、社会に新たな化学反応を与え、工芸と建築を再考する機会となる。

An attempt to reconnect kogei and prefabricated architecture centering on impermanence and renewal.
This aims not only to change the way we look at kogei and prefabricated architecture, but it is also a multifaceted advancement into the everyday.
We believe that the pairing of ‘KOGEI x Prefabricated Architecture’ is an opportunity to broaden the range of architecture in the future.
This will provide society with a new chemical reaction and will become an opportunity to reconsider kogei and architecture.

荒木 信雄建築家

Nobuo ArakiArchitect
Profile

1967年熊本生まれ。1990年西日本工業大学建築学科を卒業。その後、豊川建築研究所を経て1997年The Archetype設立。現在、西日本工業大学客員教授。

作品紹介