うつわII UTSUWA II

Member

宮下 智裕金沢工業大学准教授

Tomohiro MiyashitaAssociate Professor Kanazawa Institute of Technolog

Concept

前回の工芸建築展において展示をした「うつわ」から引く続き
「自然環境と対話しながら、素材を生かし、
技法を用いて美しさ豊かさを生み出すという工芸の持つ特性」と、
「建材により空間を仕切りかつ環境調整をする機能や設備を持つという建築の特性」とを融合させる。
これにより工芸自体が建築的なふるまいをし始める。

Following on from Utsuwa, exhibited at the previous KOGEI Architecture Exhibition, ‘the characteristics peculiar to kogei which create beauty and abundance through technique and materials while having a dialogue with the natural environment,’ and ‘the characteristics of architecture, with the equipment and function to control the environment and partition a space using building materials,’ are fused together.
As a result, kogei itself begins to act as architecture.

宮下 智裕金沢工業大学准教授

Tomohiro MiyashitaAssociate Professor Kanazawa Institute of Technolog
Profile

1968年静岡県生まれ。南カリフォルニア建築大学(SCI-Arc)大学院修士課程修了後、芝浦工業大学大学院博士課程工学研究科において博士(工学)号を取得。現在は金沢工業大学建築学部建築学科准教授。専門は構法デザイン。

作品紹介